社会保険と国民健康保険役割と違い

ニートと社会保険と健康保険

保険とは、将来に発生する可能性がある様々なリスクに対して、発生する確率等に見合う保険料を加入する全ての者が負担する事で、発生したリスクによって被る不利益を補う制度を言い、リスクに備える為に加入するケースが多いです。代表的な保険は国民健康保険と社会保険であり、国内に住所がある者や在留期間が1年以上の外国籍の者は、原則としてこれらの保険に加入しなければいけません。

 

国民健康保険とは、社会保障制度のうち病気や怪我、出産などをした場合に、医療費の一部を負担してもらえる制度を言います。この国民健康保険はそれぞれの市区町村が運営をしている制度である為、保険料の計算方法も市区町村によって異なる上、前述のとおり国内に住所がある者は原則として加入義務がある事から、住所がある市区町村で加入または脱退の手続きを行います。

 

社会保険とは、国民の生活を保障する為の公的な保険を意味し、医療保険、年金保険、介護保険、雇用保険、労災保険を指します。一般的には、サラリーマンなどの給与所得者が事業者の加入する組合に加入する保険、つまり給与から天引きされる保険を言います。

 

両者の違いは、加入する者の条件、運営する組織、保険料、扶養範囲が異なります。加入する条件は、前者が社会保険に加入していない全ての者であるのに対し、後者は正社員や正写真の4分の3以上の労働する者が加入しますし、運営する組織は、前者は市区町村が運営するのに対し、後者は全国健康保険協会や会社や団体等が組織した保険組合が運営を行います。扶養の範囲は、後者のみに影響するものであり、扶養親族と認定された場合は何人でも扶養とする事ができる上、それによって保険料が変わる事はありません。

 

また、保険料については大きく異なり、前者が世帯単位で所得に応じた所得割、加入者の数に応じた均等割から保険料を算出しますが、後者は個人単位で一定期間の給与を基に報酬月額を計算し、それを基に決められた保険料を原則として事業者と折半して負担する為、社会保険に加入している方が保険料が安くなる傾向にあります。

 

さらに年金保険については、国民健康保険の加入者で20歳以上の者は国民年金にも加入する義務がありますが、社会保険では前述のように決められた保険料を事業者と折半して負担します。雇用保険と労災保険は労働者に対しての保険である為、市区町村では加入せず、労災保険は事業者が保険料を全額負担します。

 

なお、収入の無いニートなどの保険は、扶養者である親などの扶養に入っている事になり、それが国民健康保険であれば均等割の分だけ増額します。