ニートはハローワークは行かない方が良い?

ハローワークはニートに役に立つ?

なんらかの理由などによりニートになってしまったという方もいるでしょう。

 

職場の人間関係や、家庭でのストレス、そのほかにもさまざまな理由が考えられます。

 

ですが、その状態では、生活が成り立たず、なんとかして今の状態から脱出したいと考える場合には、ハローワークに行くことを思いつく方もいるかもしれません。

 

確かに、ハローワークではさまざまな企業からの仕事の募集の情報などは集まるため、仕事をみつけるという点においては、利用価値はあるでしょう。

 

しかし、ハローワークの場合には、基本的に紹介することはできても、サポートなども充分にしてくれるわけではありません。
そのため、しばらく仕事をしていない、今まで仕事の経験がない方が就職をするというのはなかなか難しく、ハローワークを利用するよりは、転職エージェントなどを利用するという手段も考慮しましょう。

 


東京しごとセンターも転職エージェントの一種です。
就職活動に様々なサポートをおこなっています。

 

転職エージェントの場合には、担当者がつくため、いろいろな相談などにものってくれるというメリットがあります。そのため、ニート生活が長い方などにもおすすめできるといえるでしょう。

 

さまざまなサポートなども期待できるため、就職をするためには、まったくサポートがない状態では、就職までの道のりはかなり厳しいものとなりますが、ある程度のサポートを受けることができれば、それなりに道も切り開けていける場合もあります。

 

また、ニートの場合には、一時的にバイトなどをしてみることも考慮してみるといいでしょう。
就職をするというのが難易度が高いという場合には、ある程度、仕事をすることでその後の自分の道筋を考えるという意味で、とりあえずバイトなどで収入を得る方法を考えてみるのも一つの手段です。

 

バイトとはいえ、働くことで、ある程度の収入を得ることになり、また、仕事を通じてさまざまな人とコミュニケーションをとることにもなります。
さまざまなことを学び、また、人とのつながりができることで、そこから今までは思いつかなかったような考えや、その後の生活を成り立たせるためのアイディアや、就職などへの道が開けることもあります。

 

働くということは、さまざまな方法があります。
まずは、ニートの状態から脱出するために、自らの意思で行動し、どのようなことでもいいので働いてみることです。

 

働くことで、仕事に対するやりがい、また、収入を得ることで自分の趣味や、遊び、楽しく暮せるという喜びなどが実感できるため、その後の活動ややる気につながることでしょう。