様々な雇用形態 アルバイト、派遣、正社員のメリットデメリットは??

アルバイト、派遣、正社員など様々な雇用形態がありますが、他にはどんな物が有るでしょうか?
以下に説明します。

 

他にもある雇用形態

他の雇用携帯にはパートと単発アルバイトがあります。
単発アルバイトのメリットは緊急扱いなので時給が高い、誰にでもできる軽作業がほとんどなどです。

 

例えば造園業をしている親戚に、臨時の仕事を手伝ってほしいと依頼されたとします。
造園の仕事には松の手入れもあり、その仕事はトラックのクレーンにカゴを設置して上らないと仕事をしにくいです。
依頼をされたのは、そのクレーンを動かせる人がいない状況と想定されます。
そのため、クレーンを動かして仕事をすることになります。緊急時なので、時給は結構高いので期待して良いです。
また、軽作業がメインなので、慣れればすぐにできる仕事です。
なので、依頼された時はお金を稼ぐ好機と言えます。

 

デメリットは1日で終わってしまうことです。
単発アルバイトなのである程度は仕方がない面もあります。
次があるかはわかりませんが、期待して待ってみるのも悪くないです。

 

あと、ネットで単発アルバイトを募集している所はありますが、田舎に住んでいる場合は足を運びにくいこともあるので注意です。

 

パートのメリットは1日4時間程度でも可能、繁忙期は時給を上げてくれることがあるなどです。
例えばスーパーのパート社員として採用された時は、レジ打ちと商品の陳列する作業、そして古くなった食品や商品に半額や2割引きのシールを貼ることです。

 

仕事の内容は軽作業なため、覚えやすいのがパートの特徴です。
社員は主婦として家庭を守っていた経験のある人が多いですが、すぐに仕事に慣れるので活躍しやすいです。

 

あと、農家やスーパーのパートの場合は、繁忙期に仕事をすれば時給を上昇させてくれる場合があります。
忙しい状況なので疲労を感じやすいため、夜は早めに休んだほうが無難です。
体が疲れて動けないと感じた場合は、連絡を入れれば休ませてくれるので大丈夫です。

 

デメリットは高い収入を得るのは難しい、知り合いと顔を合わせやすい職場もあるなどです。
フルタイムではなく4時間ほどなので、高い収入を得るのは難しい状況と言えます。

 

体力と時間に余裕がある場合は、パートではなく正社員に応募しましょう。

 

正社員のほうが収入が上なので、頑張る甲斐はあります。
あと、パートとして病院の清掃作業をしていた場合は、親戚や知人に顔を合せる確率が上昇するので注意です。

 

その時は雑談をすることができますが、長話をしてしまうと病院の人に注意されるため、手短に会話をしたほうがいいです。